子供の成長を願う美しい風習~女の赤ちゃんには羽子板を~

男の子

出産祝いにプレゼント

ギフト

出産祝いに何を贈ればいいか迷っている人は多いでしょう。そんな人はオムツケーキを贈ってみましょう。オムツケーキは実用性と可愛さの2つを併せ持った出産祝いに喜ばれるプレゼントです。

詳しく見る

全体のバランスが大切です

日本人形

ひな祭りは女の子の大切な行事です。雛人形は子供の代わりに色々な災い身代わりになってくれると言われています。一生に一つだけのもののため、きちんと選んで上質なものを持ちたいものです。

詳しく見る

いつに時代も願いは健康

羽子板

羽子板といえばお正月に女の子が遊ぶものと言うイメージです。最近ではそんなお正月の光景もなかなか見ることが少なくなってきましたが、実はもう一つ大切な使い方があります。それは生まれてはじめて迎える正月に飾るということです。男の子には破魔弓を、女の子には羽子板を贈って飾るという風習が江戸時代からあり、現在でも大切に行われています。大切な子の成長を願い、赤ちゃんの祖父母や近しい人が贈り物として贈ります。最近では食料も豊富で豊かな生活のため、子どもがなくなることは少なくなりました。しかしまだ貧しかった時代は病気になることも多く、今のように医療も発達しておらず、子どもが成人するまで生きる確立も低かったのです。そのため周りの者は病気などにかからず無事に成長することをとにかく願い羽子板を贈るようになったと言われています。羽子板の羽の黒い部分を「無患子」といい、その漢字から子が患わないと無病息災のお守りとしても使われてきました。飾る時期も正月だけではなく、桃の節句で飾りとして使用します。昔は購入するのはお嫁さんの実家から贈るものと言われていましたが、最近ではお互いにお金を出し合って両家で購入する方もいます。女の子ですと雛人形なども今後必要になってきますので、よく話し合って購入すると良いでしょう。最近では昔の風習が薄れてきている地域も多く、このようなことを行わない人も多くいるでしょう。しかし子どもたちの成長を願う気持ちにあふれた素敵な文化は次の世代にも繋いでいきたいものです。

男の子が生まれた家には

端午の節句

破魔弓は男の子が生まれた家の初正月に飾ります。破魔弓は生まれた男の子がすくすくたくましく成長するようにとの願いを込めて贈り、飾るものです。最近ではインターネットを利用して購入することも出来ます。

詳しく見る